メニュー

淋菌感染症(淋病)

淋菌とは

jmed 58 「外来でどう診る? 性行為感染症」より引用

jmed 58 「外来でどう診る? 性行為感染症」より引用

           

淋菌感染症は、淋菌という名の細菌によって起こる性感染症です。この細菌は弱く、体の外で長く生きることができません。だから、性交渉以外で感染することはほとんどありません。

感染すると、2~7日の間に症状が出始めます。男性は尿道が炎症を起こし、女性は子宮の入り口が炎症を起こします。男女ともに喉にも感染することがあり、時々、直腸や目に感染することもあります。

感染してもすぐに治療を受ければ、完治する可能性が高いです。でも、放っておくと病気が進行し、不妊症の原因にもなります。だから、何か症状を感じたらすぐに病院に行くことが大切です。そして、性交渉の際は予防策を講じることで、感染リスクを減らすことができます。

感染経路

  1. 性交渉:

    • 膣性交: 淋菌は主に膣性交を通じて伝播します。
    • 肛門性交: 肛門性交を通じても感染する可能性があり、感染者の腸壁の粘膜を通じて淋菌が伝播します。
    • 口腔性交 (オーラルセックス): 口腔性交でも感染する可能性がありますが、比較的低いリスクとされています。フェラチオ(男性器への口腔性交)やクンニリングス(女性器への口腔性交)を通じて咽頭淋病を引き起こす可能性があります。
  2. 垂直感染:

    • 感染した母親から新生児への感染が起こることがあります。特に出産時に新生児の目が感染することがあります。

感染確率

コンドームを使用しない性行為の際、感染リスクは性別と性行為の回数によって異なります。具体的には、女性から男性への感染リスクは1回の性行為につき約20%で、4回以上の性行為を行った場合には60~80%に上昇します。一方、男性から女性への感染リスクは1回の性行為につき50~70%とされています。性行為の多様化が進んでいる現代では、性器以外への感染例も増加しています。肛門性交を通じての感染も確認されていますが、感染の頻度は明らかではありません。

 

症状

男性の場合
  1. 尿道の症状:

    尿道炎: 感染が尿道に及ぶと、尿道炎が起こることがあります。これは、尿道からの膿や粘液の排出、尿道の痒みや刺激、そして排尿時の痛みを含む。
  2. 排尿時の不快感:

    排尿時の痛みや刺激感があります。これは、感染が尿道の内部の粘膜を刺激するためです。
  3. 膿や粘液の排出:

    透明なまたは白っぽくて濁った粘液、時には黄色または緑色の膿を尿道から排出することがあります。
  4. 尿道の赤みや腫れ:

    感染によって尿道周囲が赤く腫れることがあります。
  5. 睾丸の痛みや腫れ:

    まれに、淋菌感染症は睾丸の痛みや腫れを引き起こし、これは淋菌性精巣炎を示す可能性があります

男性における淋菌感染症は多くの症状を引き起こす可能性があり、その中でも特に一般的なのが淋菌性尿道炎です。感染後の潜伏期間は通常2~5日間で、稀に1~10日以上となることもあります。尿道からの膿や粘液の排出、排尿時の痛みや刺激が主な症状として現れますが、通常、頻尿や尿意切迫感はありません。尿道口からの膿汁の排出は特徴的で、一度拭ってしまった後でも陰茎の根元から尿道口に向けて圧をかけることで確認できます。ほとんどの場合には上記の症状が見られますが、無症候性の感染も存在し、これは淋菌の外膜蛋白や栄養要求型の違いによるものとされています。無治療でも症状は数週間で消失する可能性があります。

淋菌性尿道炎を無治療で放置すると、精巣上体炎を引き起こす可能性があり、これには局所の炎症が強く現れ、歩行困難を訴えることもある。さらに、感染が精巣まで波及すると、治療後に無精子症を引き起こす可能性もあります。すべてのSTDに共通することではありますが、クラミジア感染を合併している可能性もあるため、双方の検査を行う必要があります。

 

女性の場合

淋菌感染症は女性において多様な症状と合併症を引き起こす可能性があります。特に、感染初期段階では症状が現れない無症候性感染が多く見られるため、感染の発見と治療が遅れる可能性があります。

  1. 子宮頸管炎:

    感染が子宮頸管に及ぶと、女性は子宮頸管炎を発症する可能性があります。これは膣からの異常な排出や、時には腹部の痛みを含む。
  2. 膣からの異常な排出:

    膣からの黄色または緑色の膿性排出が特徴的な症状の一つです。
  3. 排尿時の痛みや刺激感:

    排尿時に痛みや刺激を感じることがあります。
  4. 間歇的な腹部痛:

    感染が進行すると、間歇的な腹部痛や下腹部の不快感を感じることがあります。
  5. 性交痛:

    性交時に痛みを感じることがあります。
  6. 咽頭の症状:

    口腔性交を通じて咽頭に感染すると、咽頭の痛みや腫れ、咽頭の不快感が起こることがあります。
  7. 無症候性感染:

    一部の女性は無症候性の感染を経験し、明らかな症状なしに感染が進行する可能性があります。これは、感染が未検出で未治療のままであることを意味し、他の人への感染リスクを高めます。

淋菌と喉の症状

淋菌性咽頭炎は主にオーラルセックスによって感染する病気で、感染した人の咽頭(のど)に淋菌(Neisseria gonorrhoeae)が植え付けられることにより発症します。感染が起きた場合、多くの場合は無症候性であり、特に初期の段階では症状を示さないことが多いです。しかし、いくつかのケースでは、感染者が咽頭炎の症状を示すことがあります。これらの症状には、喉の痛みや赤み、咽頭部の腫れ、そして時々白いまたは黄色の膿が含まれます。

感染が進行すると、症状は悪化し、喉の痛みが増し、食事や飲み物を飲む際に不快感や刺激を感じることがあります。また、リンパ節の腫れや発熱も報告されています。

検査

淋病の検査は、感染が疑われる病原体、淋菌(Neisseria gonorrhoeae)の存在を確認するために行われます。検査方法はいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。以下に主な検査方法を紹介します。

  1. 抗原および遺伝子検査: これらの検査は、尿、口腔洗浄液、肛門や膣からの分泌物サンプルを用いて、淋菌の抗原または遺伝子を特定します。

  2. 抗体検査: 抗体検査は、過去の感染を示す可能性がありますが、現在の感染の確認には最適ではないとされています。

  3. 嫌気性培養とPCR法: 嫌気性培養は、淋菌が好む低酸素と高二酸化炭素の環境を利用し、特殊な培地で淋菌を増殖させます。一方、PCR法は、淋菌の遺伝子を高い精度で検出します​。

当院では一番精度が高いPCR検査を行わせていただきます。

治療

淋病の治療法には、抗生物質が用いられます。注射、点滴の2つの方法があります。ただし、抗菌薬耐性化の現象が問題となっており、抗生物質が効かない淋菌が増えているため注意が必要です。淋病に感染した場合は、治療を行ってから2週間後に検査をして駆除されたかどうかを確認することが重要です。また、パートナーとともに淋菌を完全に駆除できていない状態での各種セックスはピンポン感染(お互いに病気をうつしあうこと)を引き起こすことになります。

また淋菌感染症の20~30%はクラミジアを合併しているため、クラミジアの検査も同時に行う必要があります。

治療期間

一般的には、適切な抗生物質の投与により、数日から1週間程度で症状が改善されることが期待されます。しかし、感染の重症度や個人の体質、抗生物質への反応などにより治療期間は変動する可能性があります。また、完全に感染がクリアされたかを確認するための再検査も重要で、治療後1~2週間後に再検査が推奨されることがあります。治療の成功を確実にするためには、医師の指示に従い、処方された抗生物質を完全に終えることが重要です。

予防方法

  1. 定期的な検査:特にリスクが高い個人は定期的に性感染症の検査を受けることが重要です。
  2. 安全な性行動:コンドームの使用や、信頼できるパートナーとの性行動は、感染リスクを減らす助けになります。
  3. 教育と意識の向上:淋病のリスクとその予防に関する知識は、個人が健康的な選択をする手助けとなります。

これらの予防方法は、感染リスクを最小限に抑え、早期発見と治療を促進するために重要です。

よくある質問

  1. 淋病は治療可能ですか?

    はい、適切な治療により淋病は治療可能です。感染を治すために医療提供者が提供するすべての薬を服用することが重要です。ただし、薬剤耐性淋病株が増加しているため、一部の淋病を治療するのが難しくなっています。

  2. 淋病の治療後、いつ再び性交渉を持てますか?

    すべての薬を服用し終えてから7日間待ち、症状が消失するまで性交渉を避ける必要があります。

  3. 治療を受けないとどうなりますか?

    治療されていない淋病は重篤で永続的な健康問題を引き起こす可能性があります。女性では、治療されていない淋病は骨盤炎を引き起こす可能性があり、これは不妊症や長期的な骨盤/腹部の痛みを引き起こす可能性があります。男性では、淋病は睾丸につながる管で痛みを引き起こす可能性があり、稀な場合には不妊症を引き起こす可能性があります。

  4. 淋病は再発することがありますか?

    淋病は再発することがあります。淋菌に感染しても免疫ができないため、再び同じ細菌に感染する可能性があります。また、治療中や治療後にコンドームを使用しない性行為をすると、ピンポン感染(お互いに淋菌をうつしあうこと)を引き起こすこともあります。そのため、治療中は性行為を控えるかコンドームを使用することが必要です。        

  5. 淋病はキスでうつりますか?

    淋菌は、基本的には膣性交、肛門性交といった粘膜性交によってうつることになりますが、キスによる感染も可能性として考えられます。ご不安の場合は、喉の淋菌の検査をすることもおすすめしております。

 

<参考サイト>

https://idsc.tmiph.metro.tokyo.lg.jp/diseases/gonorrhea/

https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/16-%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87/%E6%80%A7%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87-std/%E6%B7%8B%E8%8F%8C%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-34.html

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME